英語圏の人だって「にんげんだもの」

恐れる事はありません。

むこうだって、こっちの言う事が分からないんですから、対等です。

 

むしろこちらから英語で会話できるように歩み寄ってるんですから、

「こっちの方が偉い」くらいに思っておきましょう。

ヒゲめがねをつけた女の子
恥ずかしがらず堂々と


私は学生の頃、英語が苦手だったので、日本に来て英語を話す人に、

「おめえら日本に来たんだから日本語しゃべれよ」と思っていました。


今はそんな器量の狭い事は言いません。

英語圏の人に日本語を学んで貰うより、自分が英語を学ぶ方が、世界が広がるからです。


苦手意識って、損ですね。

苦手だから避ける。

おかげでいつまでたっても上達しない。


私の場合も、興味自体はあったんです。

運転中に英語のラジオを聞いて、真似したりしてましたから。

でも”成績”がからむと、素直になれなくてね。

赤点の記憶が・・・。

補習に残された記憶が・・。


よく考えれば、成績なんて関係ないです。

それは実際に外国の人と話をするようになって、よくわかりました。


いろんな国の人と、英語があれば話ができます。

そして、ネイティブじゃない人が、世界にはたくさんいます。


最も大事なのは、人として堂々としていられること。

英会話を通じて、それを学んだと思います。

敬意を持って接すれば、わかるまで付き合ってくれます。

互いを知ろうとき気持さえあれば、言葉は見つかる。

そう思います。


英語のポイントは4つだけ。
それを先に知っておき、適した学習法や教材を選んで行くことが独学の効率を高めます。

論理的読解力
語彙の多さ
映像化する力
話しかける勇気

ご連絡はこちらまで

TEL: 03-1234-xxxx
火曜日~土曜日
10:00~17:00

お問合わせフォーム

はてなブックマークに追加