発音間違いが学習の妨げになっています

発音、意識してますか?

間違って覚えると、後を引きますよ。


発音を正しくというのは、ネイティブ並みにキレイな発音をしろという意味ではないです。

よく言われるLとRの区別やthの発音のことでもないです。

それも大事だけど、ここで言うのは、単語ごとの固有の発音をちゃんと覚えているか、ということです。


英語って似たような単語がいっぱいあって、文字と音が一致しないじゃないですか。

だから、一度発音を間違って覚えると、いつも同じ所で間違うようになってしまうんです。


ありませんか?

いつも同じとところで間違える癖。

そういう時は、単語の意味でも文法でもなく、発音を疑ってみると良いです。


例えば、路地はally。

東京の青山辺りで時々、通りに〇〇ally、なんてオシャレな表示が出ています。

これを読む時に、たいていの日本人が「アレー」って言うんです。

でも、正しい発音は「アリ」。

アの前に小さいエがある「アリ」です。

発音記号だと・・aとeをくっつけたヤツにlとiの3文字。

綴りでは最後にyが来るので、何となく伸ばしそうな気がしますが、伸ばさないんです。


こういう細かい間違いって、凄く多い。

日本語の発音の習慣が原因の一つだと思います。

日本語は文字を見て音を推測できますよね。

読み方が分からないひらがななんて、ないですから。

字を見れば音が分かるのは当たり前なんです。

日本人にとっては。


その習慣のまま、英語でも発音の確認をしないで、

綴りから推測した音で記憶してしまいます。

その結果、ただしい発音を聞いた時に、違う単語を思い浮かべてしまう。

それで意味が通らないんです。


ジャパニーズイングリッシュと言われる程度なら、方言扱いだからまだ良いんだけど、文意が通らなければ、会話がなり立ちません。


英語を勉強すると「なんでこう読むの?字面と違うじゃん」と思うことがいっぱいあります。

ローマ字みたいな規則性とは違うので、面倒だけど、1個1個確認しなきゃなりません。


後から遡って確認するより、意味を調べる時に発音記号を見て声に出して確認しましょう。

それだけなら確認の時間は一瞬で済みます。


英語のポイントは4つだけ。
それを先に知っておき、適した学習法や教材を選んで行くことが独学の効率を高めます。

論理的読解力
語彙の多さ
映像化する力
話しかける勇気

ご連絡はこちらまで

TEL: 03-1234-xxxx
火曜日~土曜日
10:00~17:00

お問合わせフォーム

はてなブックマークに追加